FX通貨ペア

川崎市幸区日吉地区にて川崎市内、横浜市鶴見区、港北区、青葉区、都筑区、神奈川区、保土ヶ谷区、西区、中区、東京都大田区、世田谷区を中心とする離婚や離縁の協議書、別居や不倫の給付契約書、公正証書遺言、相続手続き、成年後見などの身近な法務相談窓口 初回電話無料相談可 車庫証明、法人設立・定款変更などのご相談も承ります。

熟年離婚

熟年離婚

お子様が社会人となり、自分名義の預金も一定程度有している。このような理由から熟年で離婚をされる場合、協議書などを作成されずに離婚の届出をされてしまう方が多いようです。
婚姻中に築いた財産は基本的には夫婦共有財産のため、名義の如何に左右されるものでは御座いません。後で揉め事とならないように、財産分与などについて取決めた内容などを離婚協議書にされることをお勧め致します。双方の合意に基づき分与の方法などを決定されるのであれば、基本的にはどのように取り決めても構いません。ただし取り決めた内容を残しておくことが大切です。

離婚協議書の取決めの中でも年金分割割合を定めることは非常に重要です。将来、年金が唯一の収入と成り得るため、1度に受給する額は少なくとも、大きな財産となる可能性が御座います。

熟年期における離婚については、老後の生活などに対する不安も伴い難しい決断になると思われますが、当事務所では老後の独居生活等に対するご相談に関しましても併せてお話をお伺いすることが可能です。お気軽にご相談下さい。

離婚協議書作成

お話しを十分に伺い、離婚協議書の作成等に関してサポートをさせて頂きます。
協議のお立会も可能です。

まずは、無料相談ダイヤルにて相談概要をお聞かせ下さい

画像の説明

画像の説明

無料メール相談はこちらから

役立ちリンク

生活福祉のご案内
高齢者世帯住替え家賃助成
川崎市認知症コールセンター サポートほっと
高齢期の住まいガイド

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional