FX通貨ペア

川崎市幸区日吉地区にて川崎市内、横浜市鶴見区、港北区、青葉区、都筑区、神奈川区、保土ヶ谷区、西区、中区、東京都大田区、世田谷区を中心とする離婚や離縁の協議書、別居や不倫の給付契約書、公正証書遺言、相続手続き、成年後見などの身近な法務相談窓口 初回電話無料相談可 車庫証明、法人設立・定款変更などのご相談も承ります。

有責配偶者からの離婚請求

有責配偶者からの離婚請求

有責配偶者からの離婚請求は、判例上、原則として許されていませんが、婚姻が完全に破綻している状況においては、有責配偶者からの離婚請求であっても、離婚原因を認めるべきという考え方もあります。
最高裁は、一定の要件を満たす場合に限り、有責配偶者からの離婚請求を認めています。

判例では、離婚請求を容認することが著しく社会正義に反するといえるような特段の事情が認められない限り、有責配偶者からの請求であるとの一事をもって許されないとすることはできないとしています。

一定の要件とは

  • 夫婦の別居が両当事者の年齢および同居期間との対比において相当の長期間に及んでいること
  • 夫婦間において未成熟の子が存在しないこと。
  • 相手方配偶者が離婚により精神的・社会的・経済的にきわめて過酷な状態におかれないこと



有責配偶者からの離婚請求 判例

有責配偶者からの離婚請求 下級裁判例

まずは、御相談内容をお聞かせ下さい

画像の説明

画像の説明

無料メール相談はこちらから

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional