FX通貨ペア

川崎市幸区日吉地区にて川崎市内、横浜市鶴見区、港北区、青葉区、都筑区、神奈川区、保土ヶ谷区、西区、中区、東京都大田区、世田谷区を中心とする離婚や離縁の協議書、別居や不倫の給付契約書、公正証書遺言、相続手続き、成年後見などの身近な法務相談窓口 初回電話無料相談可 車庫証明、法人設立・定款変更などのご相談も承ります。

遺言執行

・遺言作成相談窓口は、こちらをクリック

画像の説明

遺言執行人

遺言書には遺言執行人を定めることができます

スムーズな遺言の実現には遺言執行人が必要


遺言執行人となれない人
未成年者及び破産者は、遺言執行者となることはできません

遺言執行人の仕事
遺言執行者は、遅滞なく相続財産の目録を作成し相続人に交付しなければなりません。
遺言執行者は、相続人の請求があるときは、その立会をもって相続財産の目録を作成し、又は公証人にこれを作成させなければなりません。

遺言執行人に指定された人は
拒否することもできます。

相続人は
相続人その他の利害関係人は、遺言執行者に対し、相当の期間を定めて、その期間内に就職を承諾するかどうかを確答すべき旨の催告をすることができます。
この場合において、遺言執行者が、その期間内に相続人に対して確答をしないときは、就職を承諾したものとみなします。

遺言執行人の定めがない場合
利害関係人の申立により家庭裁判所が選任することができます。
(一般的には申立の際、遺言執行人の候補者を記載します。)

遺言執行者の権利義務
遺言執行者は、相続財産の管理その他遺言の執行に必要な一切の行為をする権利義務を有します。

遺言の執行の妨害行為の禁止
遺言執行者がある場合には、相続人は、相続財産その他遺言の執行を妨げるべき行為をすることができません。

遺言執行人の地位
遺言執行者は、相続人の代理人とみなされます。

まずは、御相談内容をお聞かせ下さい

画像の説明

画像の説明

メール相談は、こちらから


powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional