FX通貨ペア

川崎市幸区日吉地区にて川崎市内、横浜市鶴見区、港北区、青葉区、都筑区、神奈川区、保土ヶ谷区、西区、中区、東京都大田区、世田谷区を中心とする離婚や離縁の協議書、別居や不倫の給付契約書、公正証書遺言、相続手続き、成年後見などの身近な法務相談窓口 初回電話無料相談可 車庫証明、法人設立・定款変更などのご相談も承ります。

離縁の調停・審判

離縁の調停・審判

  • 離縁の訴えについては、調停前置主義により、まずは調停がおこなわれることになります。
  • 調停が成立すると離縁は効力を生じます。
  • 調停が不成立に終わっても、審判によって離縁が認められる事も有ります。
  • 審判後、2週間以内に異議の申立がなされなければ審判離縁が成立し、異議の申立がなされれば審判離縁は失効します。
  • 審判の行われない場合や、審判に対して適法な異議があった場合、裁判所に離縁の訴えを提起することができます。
  • 離縁の審判や判決が確定した場合や、調停が成立した場合、10日以内に判決・審判、又は調停調書の謄本を添えて、市区町村役場に届出をしなければなりません。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional