FX通貨ペア

川崎市幸区日吉地区にて川崎市内、横浜市鶴見区、港北区、青葉区、都筑区、神奈川区、保土ヶ谷区、西区、中区、東京都大田区、世田谷区を中心とする離婚や離縁の協議書、別居や不倫の給付契約書、公正証書遺言、相続手続き、成年後見などの身近な法務相談窓口 初回電話無料相談可 車庫証明、法人設立・定款変更などのご相談も承ります。

裁判上の離縁

裁判上の離縁

離縁の訴えは、法定原因がある場合にのみ提起することができます。

  • 他の一方から悪意で遺棄されたとき
  • 他の一方の生死が3年以上明らかでないとき
  • その他縁組を継続し難い重大な事由があるとき

判例

養子縁組が養子と養親の実子との婚姻を前提とし、しかも、当該婚姻が「婚姻を継続し難い重大な事由」があるとして離婚判決が確定した場合には、縁組を継続し難い重大な事由がある。

有責者たる養親が無責者たる養子に対し、その意思に反して民法814条1項3号により離縁を求めることはできない。




powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional