FX通貨ペア

川崎市幸区日吉地区にて川崎市内、横浜市鶴見区、港北区、青葉区、都筑区、神奈川区、保土ヶ谷区、西区、中区、東京都大田区、世田谷区を中心とする離婚や離縁の協議書、別居や不倫の給付契約書、公正証書遺言、相続手続き、成年後見などの身近な法務相談窓口 初回電話無料相談可 車庫証明、法人設立・定款変更などのご相談も承ります。

遺産分割前の賃料債権の帰属

相続問題

遺産分割協議前の賃料債権の帰属

遺産分割前の相続財産たる賃貸不動産は、相続人の共有に属しますが、賃貸不動産から取得される賃料については、相続財産ではなく各共同相続人が相続分に応じて単独に有する別個の債権となります

相続財産は遺産分割により相続開始のときに遡って効力を有しますが、相続財産ではない遺産分割前の賃料債権は相続開始のときに遡ることは有りません。したがって、遺産分割前の賃料債権は各相続人の相続分に応じて帰属したままという事になります。

 
平成17年9月 最高裁判例

 したがって相続開始から本件遺産分割決定が確定するまでの間に本件各不動産から生じた賃料債権は,被上告人及び上告人らがその相続分に応じて分割単独債権として取得したものであり,本件口座の残金は,これを前提として清算されるべきである。

 ・不動産所得の収入計上時期(国税庁ホームページ)

女性行政書士が丁寧にお話しを伺います。お気軽にご相談下さい。


画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional