FX通貨ペア

川崎市幸区日吉地区にて川崎市内、横浜市鶴見区、港北区、青葉区、都筑区、神奈川区、保土ヶ谷区、西区、中区、東京都大田区、世田谷区を中心とする離婚や離縁の協議書、別居や不倫の給付契約書、公正証書遺言、相続手続き、成年後見などの身近な法務相談窓口 初回電話無料相談可 車庫証明、法人設立・定款変更などのご相談も承ります。

市販の契約書の注意点

契約書・示談書等の 作成・チェック

市販の契約書の注意点

市販の契約書は、極端に一方の当事者に有利だったり、不利だったりすることは有りませんが、特約条項のような特別な取決めをそのまま書き写してしまい自分に不利な契約書を作成している場合もあり得ます。
一見、自分に有利だと思える条項も裏を返せば不利につながる場合が御座います。契約は契約当事者ごとに条件が異なりますので、個々の契約ごとに契約条項が異なるのは当然であり、市販の契約書では賄いきれない場合が多いのです。
そもそも契約は、契約当事者の取決めです。当事者双方で契約の内容を話し合い、当事者間でしか作成し得ない内容の契約条項を盛り込むべきなのです。

契約は自由が原則ですが、公序良俗に反したり、強行法規反した条項は無効となります。

契約書の内容を理解せずに、当事者双方の解釈だけで契約書を作成し、後に争いになった場合、契約書の内容をもとに争われるわけですから、契約書の条項を十分に理解したうえで契約を締結する必要があるのです。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional