FX通貨ペア

川崎市幸区日吉地区にて川崎市内、横浜市鶴見区、港北区、青葉区、都筑区、神奈川区、保土ヶ谷区、西区、中区、東京都大田区、世田谷区を中心とする離婚や離縁の協議書、別居や不倫の給付契約書、公正証書遺言、相続手続き、成年後見などの身近な法務相談窓口 初回電話無料相談可 車庫証明、法人設立・定款変更などのご相談も承ります。

内縁関係(事実婚、未入籍)の配偶者へ相続させたい

遺言作成相談窓口

内縁の妻や、内縁の妻との子に相続させたい場合

内縁や認知に詳しい女性行政書士が、丁寧にサポート致します

画像の説明

初回のみ30分程度まで

内縁の相続権

内縁の妻や子は、事実上は家族同然でも、戸籍上の妻子ではないため、当然に被相続人の財産を相続する権利はありません。ですので、内縁の妻や子に相続させたい場合は、遺言により遺贈をする必要が御座います。

内縁の妻子に遺贈する場合、遺留分への配慮が必要

正妻や、実子(直系卑属)、直系尊属(両親等)が相続人となる場合、遺留分(法定相続分の2分の1、若しくは3分の1)が発生するため、全財産を内縁の妻子に遺贈するとした場合、相続財産をめぐる紛争が発生することが考えられます。遺言者様が内縁の妻子に対し、円満に財産を残すことを希望されるのであれば、正妻や実子などがある場合は、それらの人に対しても遺留分相当の財産を残された方が無難であるといえます。

内縁の妻子に遺贈する場合、遺言執行者が必要

別居中の妻子との感情的な問題が予想される場合は、円滑な遺言の実現のために、遺言により遺言執行者を定めることをお勧め致します。

内縁の子を、遺言で認知することも可能

認知は遺言によってもすることができますが、成年の子を認知する場合は、その承諾を得る事が必要です。(遺言執行者が認知届出をするときまでに、その承諾を得る必要があります)

認知の子の相続割合

認知の子(非嫡出子)は、実子(嫡出子)の2分の1の割合の相続権が御座います。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional