FX通貨ペア

川崎市幸区日吉地区にて川崎市内、横浜市鶴見区、港北区、青葉区、都筑区、神奈川区、保土ヶ谷区、西区、中区、東京都大田区、世田谷区を中心とする離婚や離縁の協議書、別居や不倫の給付契約書、公正証書遺言、相続手続き、成年後見などの身近な法務相談窓口 初回電話無料相談可 車庫証明、法人設立・定款変更などのご相談も承ります。

不受理届

不受理申請

  • 一方の意思のみで届出がなされた場合でも、一度受理されてしまうと裁判などで無効を争わなければなりません。御心配な方は、不受理申出を早めにして下さい。

「認知届」「婚姻届」「協議離婚届」「養子縁組届」「協議養子離縁届」

  • いづれも、本人が「不受理申出」することができます。
  • 以下の場合を除き、期間は無期限です。(以前は半年でした)

  • 本人が死亡した場合
  • 本人が取り下げた場合
  • 15歳未満の子の法定代理人が「不受理申出」を行っていたが、子が15歳に達っした場合
    (15歳以上は本人の申出が必要)
  • 申立窓口:本人の住所地または本籍地の戸籍担当課
  • 必要なもの:本人確認書類、印鑑
  • 緊急を要する場合は、本籍地の窓口にお急ぎ下さい。
    本人が窓口で申出をする必要が御座います。病気などの事情により本人が窓口へ行けない場合は公正証書を作成する方法も御座います。


画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional