FX通貨ペア

川崎市幸区日吉地区にて川崎市内、横浜市鶴見区、港北区、青葉区、都筑区、神奈川区、保土ヶ谷区、西区、中区、東京都大田区、世田谷区を中心とする離婚や離縁の協議書、別居や不倫の給付契約書、公正証書遺言、相続手続き、成年後見などの身近な法務相談窓口 初回電話無料相談可 車庫証明、法人設立・定款変更などのご相談も承ります。

リフォーム業者

コラム

リフォーム業者

我が家は数年前に大規模なリフォームを致しました。
当時、私は両親と別に暮らしていたので詳細な経緯を知らないのですが、
ある日、遊びに寄ったらら「リフォームすることにしたから」と聞かされました。

契約書や、見積書を見せて貰ったところ、かなりずさんな書類で
具体的にどこをどの様に改装するのか詳細が不明でした。

強調されて居りましたのは、「 今、契約すれば、こ~~んなに安くなります 」という事でした。

有名メーカーのバスルーム一式
材料を安くするには限界が有ります。
となると、安くするには施工費を削減される可能性が高い

我が家にとっては、莫大な費用を費やす一世一代の改装工事ですから、
その場だけ良ければ良いということでは有りません。

取りあえずは、ゆっくりと時間をかけて検討する方向にしようと家族の意見が一致致しました。

即!クーリングオフの手続きを致した次第で有ります。

念のため、相手方の会社から正式な契約解除を承諾した旨の書類も頂きました。

個人的には、多少高いと思っても、確かな企業を選択した方が後々の対処が良いと思います。
行政書士としては、最低限「建設業許可」を取得されてる企業をお勧め致します。

建設業許可を取得しているから絶対に安心ということでも有りません。
一番信頼できるのは、御自身なのです。
どのような契約を、どのような業者とするのか、最終的には御自身が判断しなければなりません。

何度も言いますが、契約をするときは、慌てずにゆっくりと検討する時間を設けて下さい。
その場で直ぐに署名・押印をしてはいけません。
分からない事は、どんどん質問して下さい。
納得できない事は、納得できるまで相談をし、納得できなければ契約してはいけません。

契約書にサインする前に、必ず身近で頼れる人に相談して下さい。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional