FX通貨ペア

川崎市幸区日吉地区にて川崎市内、横浜市鶴見区、港北区、青葉区、都筑区、神奈川区、保土ヶ谷区、西区、中区、東京都大田区、世田谷区を中心とする離婚や離縁の協議書、別居や不倫の給付契約書、公正証書遺言、相続手続き、成年後見などの身近な法務相談窓口 初回電話無料相談可 車庫証明、法人設立・定款変更などのご相談も承ります。

遺言者より先に死亡した場合

遺言について、もっと知りたい

遺言者より先に死亡した場合の相続

遺言者が、甲不動産をAに相続させる旨の遺言をして死亡したが、Aが遺言者より先に死亡している場合、Aに直系卑属(子や孫)がいる場合でも、遺言書に「Aが先に死亡している場合にはAに代わりA´に相続させる」旨の遺言がない限り、甲不動産は遺言者の法定相続人が相続すると解すべきであるとされて居ります。
このように解した場合、甲不動産は遺産分割の対象となります。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional