FX通貨ペア

川崎市幸区日吉地区にて川崎市内、横浜市鶴見区、港北区、青葉区、都筑区、神奈川区、保土ヶ谷区、西区、中区、東京都大田区、世田谷区を中心とする離婚や離縁の協議書、別居や不倫の給付契約書、公正証書遺言、相続手続き、成年後見などの身近な法務相談窓口 初回電話無料相談可 車庫証明、法人設立・定款変更などのご相談も承ります。

負担付遺贈

遺言について、もっと知りたい

甥に不動産を渡し、妻の生活の面倒をみてもらう場合の遺言

このように、高齢の妻の面倒をみるという条件で、財産を遺贈するという方法を負担付遺贈といいます。

受遺者が負担付き遺贈を放棄した場合、負担付き遺贈によって利益を享受できるはずの妻がその財産を相続することができます。
また、受遺者が財産を譲り受けた後、負担した義務を果たさない場合、妻は遺贈の取消しを請求できます。

場合によっては、成年後見制度の利用も検討されるとよいでしょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional