FX通貨ペア

川崎市幸区日吉地区にて川崎市内、横浜市鶴見区、港北区、青葉区、都筑区、神奈川区、保土ヶ谷区、西区、中区、東京都大田区、世田谷区を中心とする離婚や離縁の協議書、別居や不倫の給付契約書、公正証書遺言、相続手続き、成年後見などの身近な法務相談窓口 初回電話無料相談可 車庫証明、法人設立・定款変更などのご相談も承ります。

同時死亡と相続人の不存在

活用してね

同時死亡の推定

民法5節 同時死亡の推定

第32条の2
数人のものが死亡した場合において、そのうちの1人が他の者の死亡後になお生存していたことが明らかでないときは、これらの者は、同時に死亡したものと推定する。

相続は、被相続人が死亡した時に開始しますので、数人の者が同時に死亡したと推定される場合、それらの者の間には互いに相続は発生しないことになりますが、(民法887条2項)被相続人の子が相続の開始以前に死亡した時は、その者の子がこれを代襲して相続人となるため、被相続人と相続人の同時死亡の場合もこれに該当し代襲相続が発生します。

(被相続人)
父A=====母B(亡)
   |
   長男C===妻D
      |
      E(長男の子)

上記の場合で、父と長男が同時死亡の場合
被相続人の子が相続の開始以前に死亡した時は、その者の子がこれを代襲して相続人となるため、Aの相続人はE(DはAの相続人ではない)

Cの相続人はDとE

   (被相続人)
  父の兄F  父A=====母B(亡)
             |
             長男C===妻D
                 
             
上記の場合で、父Aと長男Cが同時に死亡のとき

父Aと長男Cは同時に死亡したため、相続は発生しない
父Aの相続人は父の兄F
長男Cの相続人は、長男の妻D

相続人の不存在

父=====母(亡)
   |
   長男===妻

上記の例で、父と長男が同時死亡の場合
父と長男の間には相続は発生しませんので、父の相続人は居ないということになります。

この場合、利害関係人(被相続人の債権者,特定遺贈を受けた者,特別縁故者など)は相続財産管理人の選任を家庭裁判所に申し立てることができます。

遺言・相続・成年後見に関する初回無料電話相談

画像の説明

  • 無料電話相談は、30分以内を目安とさせて頂いて居ります。

相続問題

非上場株式会社にかかる事業承継

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional